半可通素人の漂流

哲学から魚のお話まで。半可通素人が書き散らかすネットの海を漂流するブログ。

最近、ツバメを見かけましたか?

f:id:hnktusrot:20140918214450j:plain

 
 
最近のことですが、朝家を出て歩いているとツバメが沢山飛んでいるのを見かけて、巣はもう見ないけどまだいるんだなーって思っていました。

そして今朝家を出てみると、あれだけ飛んでいたツバメがさっぱりいなくなっていることに気がつきました。

ツバメが移動するのってこれくらいの時期だっけ?と思い、気になったので少し調べてみました。
 

 このサイトが結構詳しいのですが、ツバメが南へ帰るのは、観察記録などから9月中旬~10月下旬とされているそうです。

ちょうど今頃の時期だったんですね。
てっきり春のイメージだったので結構長い期間日本にいるんだなと思いました。
 
日本で生まれたツバメは、マレー半島、フィリピン、台湾、オーストラリア、などで越冬するそうで、遠くまで渡るんですね。
そして渡りの時は1日300km以上移動するそうです。少しびっくり。
 
このような渡りの習性を持つ鳥は日本にも沢山いますね。白鳥とか。
ワンダーフォーゲル (Wandervogel)ですね。
 
ちなみに鳥関係ないですけど、魚にも回遊して成長や季節に応じて生息場所を移動する種が多くいます。
魚の回遊も多様で面白いです。
 
ツバメが低く飛ぶと雨が降る、というのは有名な話です。
これはツバメが飛びながら餌を捕まえて食べるという種類の鳥であり、ツバメの餌となる虫は、低気圧が近づいて空気中の湿度が高くなると、湿気、水分が羽について体全体が重くなる。そして低いところを飛ぶために、それを追うツバメも低く飛ぶようになることからきています。

自然って身近にありますが、調べてみると面白いですね。
普段何気なく見ている風景も、ちょっと気を付けてみると興味深いことがいろいろあったりします。
 
【余談】
ツバメつながりで…、私は「つばめグリル」というお店がお気に入りです。ハンブルグステーキ(ハンバーグです)が美味しいのでオススメです。
(東京各地と神奈川に店舗があります。)

f:id:hnktusrot:20140918220309p:plain

広告を非表示にする