読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半可通素人の漂流

哲学から魚のお話まで。半可通素人が書き散らかすネットの海を漂流するブログ。

男の子には王様の服が見えていたが…:パスティーシュの妙

f:id:hnktusrot:20140930213153j:plain

 

 「裸の王様」の男の子にもし服が「見えていた」ら・・・・

 
 今日はネットで見つけた面白い創作文を紹介しようと思います。
 
 
 誰でも知っている昔話である「裸の王様」をオリジナルに、男の子にもし王様の服が見えていたら?という設定で書かれたお話です。
男の子が「王様は、はだかだ!!」と言った理由に知的な仕掛けがしてあるのがミソです。ただ男の子が純粋だった、というオリジナルの設定から見事に転化させています。
集団としての人間が個人の発展を阻む同調圧力を持ち、それがいかに愚かしいことであるかを教えてくれます。そして、一番人の心を脅かすのは霊などの存在でなく、なにより愚かな現世の人間である、ということをクッキリと描き出しています。
 
 このように、オリジナルの設定を使い、別の物語を作ることをパスティーシュと言います。似た言葉にパロディ、オマージュがありますが、これらは日本では明確に区別されていないようです。
パスティーシュ、なんだかお洒落な響きです。
 
 同じ方のこちらの話も秀逸です。
 
  私もこんな風に機知に富んだ文章を書いてみたいものです。
余談ですが、中学生の時に友達が「アッコにおまかせ」を「アッコに金貸せ」に変えて、街に繰り出したアッコが道行く人に「おい金貸せコラ」と脅してまわる、というアイデアを考案して笑わせてくれたのを思い出しました(笑)
 

f:id:hnktusrot:20140930214233j:plain

 

 

広告を非表示にする