読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半可通素人

哲学から魚のお話まで。半可通素人が書き散らかすブログ。

転職って遠い世界のことだと思ってた人が転職してみた話(その1)

雑文

   随分と前にしたネタ振りの回収を今更します。

Clock - career

 

   7月に一度ブログ更新を復活しかけた時に触れましたが、実は今年の初頭に転職活動を始め、しばしああだこうだした後に転職先が内定、6月に転職をした、という個人的に大きな変化がありました。それからもう半年以上が経つわけですが、積もる月日に記憶も薄れつつあるので振り返りも兼ねて事のいきさつを記すことにします。


   転職というと人生の一大事、大変な出来事というイメージがあり、まさか自分が当事者になるとは思っていませんでした。しかし何事もそうですが、経験してみるとああこんなものかとか、これは確かに大変だ、といったことが分かり、過ぎてみれば自分にとって1つの糧になるわけです。そんな私の経験談を書いていくので、読んだ方にとっていくばくかでも参考になればいいなと思います。

   ではまず順当に、なぜ転職をしようということになったのか?という点から始めます。

 

▶︎ それは1本の電話から

   何だか安いドラマの小見出しみたいですが…、それは1本の電話を受けたことから始まります。相手はいわゆる転職斡旋業を名乗る人物で、曰く「ご自身のキャリア形成や転職など、お話だけでも興味ありませんか?」といった話でした(うん怪しい)。面識の無い相手だったので、そもそも何故私に接触してきたのか?という疑問が湧きましたが、推測するに当時某イン○○○○○スが主催する社会人向け無料セミナー(なお転職とは関係無いです。英語やソーシャルビジネスなどに関する講習会でした。)にちょこちょこ参加しており、そこから情報が流れたと思われます。こういうのは好きませんが付いて回ることでしょうね。あくまで推測ですが。


   話を聞いた当初は、自分が転職するなどおよそ現実味が無く、どこか遠い世界の話だと思っていました。また仕事に特段の不満があった訳でも無く、会社を移ることについても、移ったらどうなるだろう?とたまに想像こそすれど実行する気はまるでありませんでした。


   しかし物は試しという言葉のように、実際に転職するしないに関わらず、活動してみることで少なくとも経験にはなるだろうという気になりました。更にいわゆる「自分の市場価値を測る」、即ち客観的な自己評価が得られるだろうという予想も立ちました(ウソ、私の年収低すぎ…⁉︎とか言ってみたかった、訳ではない)。こうしてまんまと話だけなら、ということで転職エージェントの紹介を受けることになった訳です。


   ちなみにこのような連絡を受ける時、「業界でご活躍されていらっしゃる貴方に是非良いお話を」みたいな物言いをされるので、なんだか自分がバリバリのビジネスキャリア爆進中のような変な感覚になりますが、少なくとも私に関しては持ち上げられているだけなので浮つかないように気を確かに持つことが肝要と感じました。

 

I had one.

 

▶︎ 変わる機会、という捉え方

   さてエージェントと接触すると、これまでの経歴や仕事で重要視すること、今後の希望などを聞かれ、説明することになります。ここで自身の棚卸しやこれからのことを考えるのですが、日常仕事をしていてそのようなことをじっくり考える時間というのはなかなか持てません。期せずしていい機会になったのですが、私はふと、ずっと今の仕事をしていて本来携わりたかった仕事ができるのか?という疑問を持ちました。実のところ、私は学生時代の専攻と全く異なる分野に就職したという経緯があり、就職活動当時に仕事を通じて実現したい目標というものを立てていました。その目標に照らし合わせると、今の仕事内容はそこに合致しているのか、もっと直接的に目標に近づける仕事があるのではないか、と考えたのです。なおこの動機付けの部分は転職活動を行っていくうえで自身の根底となるものですので、しっかりと深掘りして考え、かつ他人に説明できるようにしておく必要があります。


   更に社会人になり仕事をこなしていく日常で、何か変化を起こすのも面白そうだという好奇心もくすぐられました。ご存知の方も多いと思いますが、「人が変わるには3つの方法しかない」という大前研一氏の有名な言葉があります。それは

 

『人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは決意を新たにすることだ。』

 

というものです。決意を新たにするというのは往々にしてやってしまいますが…。転職によってこれら3つを全て変えることができるので、何か自分に転がり込んできた転機だと思って挑戦してみるのも一興ではないか。
   そしてこの中にある住む場所を変える、というのが大きく自身に響く要素に感じました。自分の生活に対する嗜好や置かれている状況、今後長いことを考えると住環境を変えたいと考えたのです。

 

   そのような理由で、ここは一つ本気で転職を志してみるか、と心変わりするに至りました。
他にも電車通勤で通勤時間が長く、かつ電車で無用なストレスを日々溜めることに嫌気がさしていた、など細かい理由は挙げられますが、そのようなものは後知恵バイアスといって後からいくらでも探すことができるものなので敢えては扱いません。

 

Change

 

▶︎ 活動時系列

   それでは具体的にどのようなことをしたのか、およその時系列に沿っておさらいしてみます。
箇条書きするとざっくり以下のようなものです。

 

  • エージェントに接触
  • 転職サイトに登録
  • 気になる求人の詳細を確認、検討
  • 求人に応募し書類選考
  • 面接
  • 内定承諾
  • 勤務先退職、転職先入社手続き

 

   まずは既に挙げた、エージェントと接触して求人案件紹介を受けるというのが最初のステップでした。ここでは自身の希望を洗い出し、エージェントが提供する求人案件との擦り合わせを行うことになります。

 

   更に、希望に合致した求人をより多く網にかけたいがために、転職サイトにも複数登録しました。俗に転職活動というとこの転職サイトを思い浮かべる方も多いと思いますが、様々な情報やサポートを得られるので有用なツールだと言えますし、サイトに登録することで転職活動をしている!という気になります。その気になっただけで行動が伴わなくては本末転倒ですが、形から入るというのも自らを動機付ける手段の1つでしょう。


   ここで、転職エージェントとサイトの違いは何か?という点について気になるかもしれません。大まかに言えば、エージェントは担当者が自分について、求人の紹介、応募書類の提出や選考日程調整などの仲介、書類の添削といったことをしてくれます。一方サイトは掲載求人の検索や応募、転職関連コラムなどの閲覧、メールマガジンサービス、進捗管理などができます。またサイトによっては情報の提供だけではなく、担当者がついてエージェントと同じことをしてくれるので、一挙両得になるところもあります。境目は曖昧ですが、これらを踏まえて両者を上手く利用すると良いです。例えば、リ○○ートが運営するサービスにリ○○ビ転職という有名サイトがありますが、これとは別にリ○○ビエージェントというサービスもあり、こちらはプロの担当者がエージェントサポートを提供してくれます(伏せ字の意味ほぼ無し)。


   こうして網を仕掛けたら、引っ掛かった気になる求人に目を通し、詳細を確認していきます。見るべきポイントは多々ありますが、業務内容と自身の希望、経験と能力を照らし合わせて、やりたい仕事に近いかどうか、自身の経験と能力がどのように活かせるかをまず検討すべきでしょう。転職では新卒時よりもこれまでの経験と能力が厳しく問われます。選考の際に必ず聞かれますので、ここでの検討が選考への準備になりますし、転職後スムーズに新しい仕事に移行するためのイメージトレーニングにもなります。かといって全くの異分野に挑戦してはいけない、ということではありません。分野が違っても応用できる経験や能力があるはずですので、それを見つけてアピールすることが重要になります。なお給与や福利厚生などの待遇面が一番気になることと思いますが、これらは選考の最終段階や内定後に提示され交渉するというパターンが大半なので、参照すれどいきなりがっつくのはあまりお行儀が良いとは言えません(つまり歓迎されません)。


   その中でこれは、という求人を見つけたら、応募をして多くの場合書類選考へと進みます。必要な書類は履歴書と職務経歴書という場合が多いですが、この職務経歴書という代物がそれまで書いた経験がないだけに少々取っ付きにくいものです。決まった形式も無いので、何をどのように書けば良いのかが迷いどころです。肝はやってきた仕事を簡潔にまとめ、得られた経験と能力をアピールし意欲を伝えることですが、言うは易しで形にするのはなかなか難しいものです。私はエージェントに見本をもらったり、転職サイトの担当者にもらった資料を参照し作成しました。更に、担当者に添削してもらうことでアドバイスをもらい、内容を磨いていきました。ちなみにブログを書いていると、文章を人に読まれることを意識して書く力がついてくるので、こういう時に役に立ちます。また外資系企業に応募する場合は英語での職務経歴書も求められます。この場合、和文とは少し体裁が異なるので、見本をみて作成するのが手早いです。

 

…まだまだ書くことはありますが、長くなってきたので次回に続きます。

 

話せば分かる、というのは言葉足らず

雑文

Stay still! Don't move!

 

▶︎話せば分かる…本当に?

   巷ではよく、「話せば分かる」という言葉を聞きます。

   これはある程度まではその通りです。きちんと誠意を持って話し、お互いの対立点を丁寧に紐解いて妥協点を探れば合意に至ることも可能です。議論、というととかく相手を理屈をもって打ち負かすと捉えられがちですが、実は議論とは「この人とどこで別れたのか」という点を明らかにすることなので、話をすることでお互いの理解が進むよう促す営みと言えます。

   しかしながら世の中往々にして「話しても分かってもらえない」場面に遭遇します。それは主義主張が如何ともし難く対立するものであったり、立場が違うために全く折り合わないなどに起因することもあります。しかしここで扱いたいのは「そもそも相手が話を分かりたくないと思っている」という場合があるということです。

 

   ネットで以下のような言葉を見かけました。

“世の中の「話のわからない人」の多くは、実は「わからない」のではなく「わかりたくない」人なのだと気づいた日から、かなり無用な努力をしなくなりました。 水を飲む気のない馬に水は飲ませられません。飲みたくなった時に勧めようと。ただ、その日が明日か一生来ないのかは神の味噌汁。”

“「葉隠」に同じ事が書いてありますな。
「聴く気の無い相手への忠告は悪口と同じ」
「砂漠で水を欲しがるが如き状態にするのが、意見を聞いてもらえるための条件」”

 

Calgary Sushi Boat Miso Soup

 

▶︎相手が分かる気にならないと、ね

   神の味噌汁という素敵ワードは置いておいて、このことはともすると見落としがちな視点を提供してくれます。 一生懸命言葉を尽くしているのに、どうして分かってくれないの?というのは自分の満たされない欲求を相手に押し付けているだけです。そうではなく、実は相手は分かりたくないのだ、と気が付けば違うアプローチが必要なことが理解できます。まずは話を分かる気になってもらわないといけません。自らそのための土俵をこしらえるか、相手が上がってくるのを待つかという選択肢がその次にくるでしょう。

   つまり「話せば分かる」というのはいささか言葉足らずで、「話せば分かる、というのは相手が聴く気になっていないと成立しない。それがはじめからあるかどうかを見極めるべし。そうでなければ聴いてもらえる状態を作るか、待つか。」とでもなるでしょうか。

 

▶︎実はそれ以前の問題も

   また、話しても分かってもらえない場面にはそれ以前に、「話の内容が通じていない、理解されていない」というより根本的な齟齬がある場合があります。時にそんなことを経験するのですが、人はつい自分が知っていることは相手も知っていると思い込む傾向があるので、自分からすれば相手が理解不能な存在として映ります。

   これは感情を害されるようなことがあった時に顕著で、どうしてそんなことをしたのか、それをされて相手がどう思うのか、人から見た時にどう見られると思うのか、といった話をしてもほとんど相手には刺さりません。そもそもそれらを理解していればそんなことはしないでしょう。理解とひらたく言っても、そこにはどのような環境で育ってきたか、どんな教育を受けてきたか、周囲との関係を自ら作り広げるような経験をしてきたか、といった人格形成の経緯が影響してきます。「育ってきた環境が違うからーあああー」と間もなく解散するグループの曲を歌って諦めるのが関の山でしょうか。

   先だって挙げた「話を分かりたくない人」とはレベルが随分と異なりますが、「話せば分かる、というのはそのためのベースがあってこそ」という点はまあ共通しているでしょう。

 

▶︎人は「利害と感情」で動くのだから

   私もついつい理屈で人を判断し批判するようなことがありますが、人は理屈で動くのではなく感情で動きます。従って世の中も「利害と感情」で回っているという構造をしています。ここを忘れて、批判することばかり、分かってくれないと憤ることばかりに貴重なエネルギーを費やすのは得策とは言えません。

   カーネギーが書いた「人を動かす」という有名な本にも、第1章に以下の記述があります。

“およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということをよく心得ておかなければならない。”

 

   話せば分かるさ、とばかりもいかない世の中を渡っていくのに今回の話が役に立てばいいなと思います。

あなたは見えない杭に繋がれていませんか?

思考 雑文

   またもやらかしました。ブログ放置。


   このままでは2016年は1月に3記事、7月にも3記事、以上!で終わってしまいます。それではブログを開設している意味合いも極薄です。遅れを取り戻す、などとても言えない体たらくですが、書かないことには始まらず。書かない恥よりも書く恥を?という心持ちで更新します。

 

   毎度の手慣らしで抽象的な内容をお届けしますが、人は知らないうちに自分の可能性を限定しているかも?という話。

 

possibilities

 

◆インドの象の寓話

   象の国として有名なインド。そのインドでは、象を飼うにあたって足をロープで杭に繋いでおくそうです。象の大きな力をもってすれば、そんな杭などいとも簡単に引っこ抜いて逃げ出すことができますが、彼らはそれをしません。何故か?


   そのからくりはこうです。象たちは子供の頃から杭に繋がれています。子象の力では杭を抜くことができないので、象は次第に自分の力では杭を抜くことが不可能だと認識します。そしてそのまま大人になるので、杭を抜く力があるにも関わらず自分には杭を抜くことができないと思い込んでいるのです。

 

◆自分も杭に繋がれていないか?

   この話は大変示唆に富んでいます。転じれば同じようなことが人間にも言えるのではないでしょうか?子供の頃に「自分には不可能だ」と思い込んだ経験が、今も自身を規定してしまい、可能性を限定してしまっているかもしれません。本当はできる力がついているにも関わらず…。もしくは何かを始める、挑戦しようとする時に周囲に言われる「そんなの無理だよ」「それ大変じゃない?やめときなよ」などの言葉。これが芽生え始めたいわば子供である自分の動機にくさびを打ち、踏み出すことを止めさせる…。その動機を育てれば大きく花開くかもしれないにも関わらず。

 

   うろ覚えですが、どこかで「子供にはその子の可能性を広げるうえで『根拠の無い自信』が重要で、それは親が与えてあげることでしか育たない」というようなことを聞いたことがあります。今回の話を書いていて、共通する部分があるなとふと頭に浮かんできました。

 

   子供の頃にどのような環境にあったか、どのような言葉をかけられて育ったか。それらが考える以上に自分を縛っているという構造があります。人の認識、思考を話題にすると教育というのはつくづく重要だなと思います。日本においてはほぼ皆が教育を受けているので一家言を持っており、教育という話題は議論の俎上に載りやすいです。

 

   しかし人は多様であり、個々人の気質や振る舞いも異なるので、これをすれば正解!のような画一的な答えが存在しないという側面を持ちます。従ってそれこそ受験特化型詰め込み教育を受けてきた私達は対応が分からず、しばしば何が重要なのかが見過ごされます。そして手段と目的が混同されたような話になり、しわ寄せは現場に押し付けられ、現場は考える余裕もなく目の前のことに追われただ疲弊していく、といったことが繰り返されているように感じられます。

 

   日本は比較すると天然資源に乏しく、国として他国に相対するにあたっては人こそが力の源泉を構成する要素のはずです。その人を育てることをせずに他国にカネをばら撒いているだけでは、自ら衰退の道を進んでいることになります。この国の舵取りをしている人達はどうも目の前にぶら下がった人参に夢中で、知ってか知らずか下り坂を底に向かって勢いよく走っていることに気が付かないご様子です。乗ってる人達も多くは見て見ぬふり。(むしろ人参に食いつく人しか舵取りをやらせてもらえないような構造ががっちり組まれいる、という方が実態に即した捉え方かもしれません。)賢く行動力のある人はきちんと行き先を見ていて、さっさと他に乗り換えてしまいます。


   …少々筆が走り過ぎました。

 

Elephants

 

◆杭なんて引っこ抜いちゃえば?

   大人になった今、見えない杭に繋がれて一定の範囲でしか動いていない、ということがないでしょうか?時には杭を抜いて大きく踏み出そうとすることも必要な局面が人生にはある、という風に考えています。
   決断に迷った時、先行きが不透明で二の足を踏んでいる時、この話が何かの参考になれば幸いです。

 

   おまけ:象についての話はこちらもどうぞ

 

 

「金持ち父さん」は実在しない、に透ける残念さ

読書

     ご存知の方も多いと思いますが、結構前にベストセラーになったこの本。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

 

◆金持ち父さんのホントのところ

    世界各国でベストセラーとなり、日本でも大きく取り上げられました。これを読んだ当時、「お金持ちになるには自分が働くのではなくお金に働いてもらう」という発想になるほどと膝を打ったのを覚えています。そして自分も不労所得を確保できないかなと皮算用をしたものです。
   この本は一般的に、「親友の父親である金持ち父さんに金持ちになる方法を教えてもらったわーい」という内容だと捉えられていると思います。しかし…、実際には「金持ち父さん」は実在しておらず、この本は筆者が自分の会社が販売するボードゲームを売るために書いた、ということのようです。
 

 
   これを見て何だか騙されたような気分になってしまいました。本の内容をそのまま鵜呑みにして現実のものと信じてしまう自分の認識もまあザルですし、筆者にすれば金持ち父さんが実在するなんて言ってないじゃんということかもしれません。創作だとしても、日本ではほとんど教えられない経済リテラシーを啓蒙するという点では良くできた本だと感じます。

 

◆透けて見える資本主義の現実

   ですが、「自分の金儲けを目的としてさも実話であるかのように話を作った」という点は感覚的にしこりを覚えてしまいます。「儲けるためには何をしてもいい」という、資本主義の行き着く先に現出する人の際限ない欲望が透けて見えるようで、何だか砂を噛んだようなザラッとした気持ちになります。

   現実はそんなものだし実際そんなうまい話はないさ、と言われればそれまでかもしれません。私が行き過ぎた資本主義に懐疑的という姿勢も前提にあるため、見方にバイアスがかかっていることも否めません。ただ筆者は当時人生2度目の破産の最中にあり、この本の売り上げによってその状態から抜け出したということのようで、うまく世の中を手玉にとったなという印象です。またこの本が流行った背景には、マルチ商法などの勧誘に使われたりしたということもあったようです。現に私にこの本を勧めてくれた知人からも、当のボードゲームを使ってお金に関する知識を身に付けよう!というイベントに誘われたことがあります。私は行かなかったのでそれが何らかの勧誘を伴うものだったかは不明ですが、何か胡散臭さを感じてしまいました。Amazonのレビューにも色々なことが書いてあります(これも当然鵜呑みにするべきではありませんが)。

 

◆好き勝手書きましたが

   裏を返せば、美味しい話には棘があるということをそのまま示している本だと言うことができます。鵜呑みにしなければ、お金に対する考え方のヒントをくれる読み易い教科書だと思うので、未読の方は読んでみるのも一興です。

更に知りたい方は以下の記事が詳しいです↓


なお、お金に関する話については過去にこんなことも書いています↓

 

 

 

 

社会の窓がどんどん小さくなっていると思う

思考 日本 雑文

P3220133
 
   また途絶えないうちにブログ更新。今回は抽象的なことを書きます。
 

◆「社会の窓

   ある時からふと、人々が世界を切り取る、その窓がどんどん小さくなってきているのでは?ということを考えるようになりました。「世界を切り取る窓」、ここでは分かりやすく一言で「社会の窓」と言い換えることにします。それは私達が外の世界の情報を得る時に、何を通して見ているかということに思いを馳せてみると気が付くことです。テクノロジーが高度に発達した現代、先進国においては殆どの人の手にスマートフォンが握られ、そこから驚く程大量の情報を得ることができます。いわば我々は「スマートフォンという窓」を通して世界を覗いていると言えるのではないでしょうか。そしてその窓の大きさは手のひらに収まる程小さいものです。
 

◆窓の変遷

   これが文明がおこる前まで遡ると、人々は自分の目で見た光景そのままでしか世界を認識できませんでした。「窓」という概念も当然存在していません。また直接その場に身を置いて見たものでしか情報としては得られず、情報量も相当限られていたでしょう。その後文明が発達し文字と紙が発明されると、紙に書かれた文字という形で多くの情報が記録、閲覧されるようになります。交易も活発になると、遠く異国の地のことも手紙や書物を通じて知ることができるようになりました。こうして「紙という窓」によって世界を切り取っていった、ということが言えると思います。今でも本というのが情報媒体として確固たる地位を築いているのは言うまでもありません。そして行間を読むという言葉があるように、文字を読んで想像を巡らせればそこから世界はどんどん広がっていきます。

   更に時代が進むと、テレビが登場します。それまでの文字だけの情報に加えて今度は映像が加わり、それによって伝えられる情報量は飛躍的に増大しました。しかし私達が見ているのはテレビの四角い画面だけで、その小さい窓によって切り取られた絵として世界を覗いています。加えてそこに流される映像は作り手によって決められており、私達が得る認識もそれによって規定されるという構造があります。この「受け身な社会の窓」という部分は普段意識することは少ないですが、その分注意する必要があるでしょう。

   それから現代になってパソコンとインターネットが普及、これにより世界中が繋がり、そして携帯電話、スマートフォンの登場…となります。画面が小さくなる一方で得られる情報量は膨大になっていくという流れは、もはや説明する必要が無いでしょう。

 

Window

 

◆窓の大きさと情報量が反比例

   ここまで抜けているところも多々あると思いますが、かなり大雑把に「社会の窓」の移り変わりを見てきました。お分かりの通り、窓の大きさはどんどん小さくなっていき、それに反比例して情報量が爆発的に増加していっています。便利だなと思う反面、私達がその目で実際に覗いている「窓」は狭くなっていく一方ではないでしょうか?世界の見方としてそれだけに依存するのは妥当でしょうか?

   電車の中や街中では、ふと冷静になると驚くほど多くの人がスマホの画面と睨めっこしています。まるでそうすることが義務であるかのような強迫観念すら感じてしまいそうな勢いです。と同時に、その窓の小型化と並行するように、思考する時間を放棄しているのではと思えてきます。情報は与えられる一方で、その恩恵にあずかりながら受け身に慣らされ過ぎてはいないでしょうか?

   窓は小さいけどそこから見える世界は広い、けれど実は広く見えているだけで限定された世界ではないのか?と思うこの頃です。

 

   結局のところ、某そんじゃーねの人が言っているように「自分の頭で考えよう」という至極当たり前の結論に行き着く訳ですが、身近な切り口から感じるところを書き散らかしてみました。「社会の窓」というと一般的にはアレのことなのでタイトルで釣っている感が見え見えなのはご容赦ください。

   このブログもパソコンやスマホの画面を通して読んでいただくことになるのですが、ふと画面を離れて考える題材を提供できるような内容をお届けしたい、と常々思っています。